新型コロナワクチン1回目にて軽微な副反応がおきました

medical_yobou_chuusya_mask_man.png

2日前に新型コロナワクチン(ファイザー)の接種を受けさせて貰いました。

感染が拡大する中、基礎疾患がないものとしては早い目の接種になるのではないかと感謝しております。

私の場合、多くの方と同じように、軽微な副反応が起きましたので、記録に残しておきたいなと思います。

[関連記事] 新型コロナワクチンの1回目を接種しました

接種そのものは、針を入れるときと出すときに、少しチクっとするだけで痛いものではありませんでした。

その後、15分待機するのですが、打った箇所の筋肉が1回ピクっとしたような気はしますが、特に問題なし。待機終了後、お買い物をして家路に着きました。

その後、徐々に、打った箇所に熱を感じ、徐々に腕が上がらなくなっていき、最終的には30度くらいしか腕が上がらない状態に。

腕を上げようとすると、筋肉痛のような痛みを伴い、腕が上がらないという。頭を洗うのに右手だけで洗うなどいろいろ日常生活に支障がおきました。

体温計で、都度、体温は図ったいましたが、常に平熱で、倦怠感もありませんでした。

接種翌日は、1日中、左腕が30度くらいまでしか上がらない状態が続きましたが、それ以外の副反応はなく、夜には少し腕が上がるようになった感覚がありました。

接種翌々日、朝起きて左腕を上げると、少し違和感はあるものの、腕を上げることができ、日中にはその違和感もなくなりました。

2回目の接種では、副反応も1回目よりキツくなるようですので、しっかり準備して臨みたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

"新型コロナワクチン1回目にて軽微な副反応がおきました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。