もし自分が新社会人だったら・・・

shinsyakaijin_run2.png

私はもう50歳近くのおっさんですが、もし自分が今年の4月から新社会人になるとしたら、どういうアドバイスをしたいか考えてみました。

■支出の把握→最適化
まずは、自分の支出をだいたいでもいいから把握すること。だいたい把握できたら、自分にとって心地よい「生活の質と支出のバランスがとれた状態」を見つけていこう。

■良いものを選べ
特に、日常使いするものは、ケチらず良いものを選べ。例えば、私は若い時に百貨店で買った1万円くらいの鍋をいまだに使っているが、古びたという感じは一切なく、死ぬまで使えそうw

■保険には入るな
生命保険など加入の誘いが多いかもしれないが、決して民間の保険に加入するな。それだけ加入の誘いがあるということは逆に言えば儲かるビジネスだからだ。民間の保険に入らなくとも、公的社会保障が支えてくれる。(最低限の火災保険などに加入することを否定するものではないです)

■働きすぎるな
勤務時間内は仕事に集中し、勤務時間を離れたら仕事のことは忘れろ。ポイントは、勤務時間内に精一杯やりきったと自分に言えるくらいやりきること。勤務時間外の時間まで仕事に費やすのはもったいないぞ。メリハリつけよう。

■貯金しろ
手数料が安いネット銀行(住信SBIネット銀行など)に口座開設し、3カ月分の生活費を貯金。万が一の時の保険として、ずっと保持。でも何かあったら躊躇なく使う。

最初は1か月の生活費がわからないかもしれないが、なんとなくでもいいから貯めて置け。年1回、振り返り&見直しすればいいだけだ。

■投資しろ
生活費3カ月分の貯蓄が出来るまでの間、投資の準備をしよう。ネット証券(SBI証券など)にポイントサイト(ハピタスなど)経由でポイント獲得しながら新NISA口座開設し、投信積立できるクレジットカード(三井住友カードなど)を作成しよう。3カ月分の貯金ができたら、出来る範囲でクレジットカードでのインデックス投資(Slimオルカン)積立設定して、放置しておこう。積立額は、月1万円でもいいからとりあえず出来る範囲で始めよう。直近、資産額が減ることもあるだろうけど、20年後には増えてるはずで時間を味方にして長期に考えよう。

投資はシンプルにして、年1回振り返り&見直しするだけとし、投資は手段であって目的ではないので投資に時間を掛けるのではなく、もっと他の大切なことに時間を使おう。

■享受しよう
若い時の時間は貴重。自己投資するも良し、遊びまくるのも良し、美味しいものを食べまくるも良し、今しかできないことを思いっきり享受しよう。

--
試行錯誤があるのは当然で、なによりも実際に行動することが大事、行動から学ぶことは多いはず。いろいろ書きましたが、一番大事なのは「享受」だと思います。仮に失敗しても取り戻せる時間はたくさんあるわけで、失敗を恐れることなく、いろんなことにチャレンジしてほしいですね。たった一度の人生なんだから、思いっきり享受しまくってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント