倹約セミリタイアーの私が、腰痛のため接骨院へ通うに至った理由とは。

medical_harikyu_man.png

2回目の接骨院で鍼治療をしていただいた後、続けてその翌日と4日後に腰へ電流治療器を掛けていただきました。

そして、腰の歪みもなくなり、ようやく少しお散歩しようかなくらいの腰の痛さになってきました。電流治療は保険適用なので500円×2回分の費用です。

先生からは「長期戦になるかもしれない」と言われてしまいましたが、10年来の腰痛なので覚悟の上です。

次回の接骨院は予約なしで、いつでも来てくださいとのことだったので、電流治療を受けると腰が軽くなることもあり、腰と相談しながら接骨院へ通いたいと思います。

[関連記事] 腰痛悪化により、はじめての鍼灸接骨院。
[関連記事] 鍼灸接骨院にて腰痛の鍼治療(2回目)

先日、コメント欄にてたくまさんより「たけのりさんらしくない出費」「針治療なんてもったいない」「セミリタイア民ならお金をかけず、自然治癒とストレッチで腰痛を改善すべき」というご心配をいただきました。改めましてコメント頂き、そしてご心配いただきありがとうございます。

コメントを頂き、たしかに「自分らしくないな」と思ったのが正直なところ。

ではなぜ接骨院へ行こうと思うに至ったかというと、主な4つの状況があります。
---------------------------------
1)10年以上前から年に数回(季節の変わり目?)、ぎっくり腰になることがあった。(1週間くらいで自然に治った)

2)ここ2,3年は、前屈や後屈すると腰がやや痛いことが常態化していた。例えば、朝、顔を洗おうと前かがみになった時に腰が辛いというようなことが日常茶飯事だった。

3)8月下旬に酷い腰痛になり、2週間くらいしてマシになるものの、すぐに再発し、腰痛を繰り返していた。(Youtubeなどを参考に腰痛ストレッチを起床時・昼間・就寝前としたのですが・・・)

4)次第に再発間隔が短くなり、特に10月20日頃にいままでになく腰が酷く歪み、腰の痛さも今までになく酷くなった。ストレッチすると逆に腰痛が酷くなる感覚があった。
---------------------------------

ここまで酷くなると、「なにげない日常を楽しむ」という私のセミリタイア生活の本質が出来なくなったこともあり、「お金の問題ではない」ということで予め調べていた近所の接骨院へ行く判断をしたところであります。

接骨院の先生は、当たり前ですが専門家なので、私が自分で必死にググって調べたこと以外のことも的確に指摘してくれて、そのご指摘が自分の腰の感じにシックリくるので、行って良かったなと思っているところです。

昨日は、いちごの株主優待でJリーグチケットが当選した試合の観戦(しかも優勝争いをしている川崎Fの試合・・・)を楽しみにしていたのですが、直前まで迷ったものの、腰痛のためスタジアムに行くのを断念しました。

正直、お金はいくらかけても良いので、できるだけ腰痛を改善して、何気ない日常を楽しみ、アクティブに行動できるようになりたいと思ってやみません。

【追伸】ここ2日ほどは、少し近所をお散歩したり、少し遠くまで自転車に乗って買い物に行ったりできるようになってきました。ご心配お掛けし、申し訳ありませんが、腰痛の改善に頑張りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント