総資産の棚卸~米国ETF編~

money_kanenonaruki.png

毎月、定点観測として、総資産の金額を算出しています。

日本株、投資信託、米国ETF、定期預金などの資産を積み上げて、総資産を算出。

今回は、比較的整理しやすい米国ETFの内訳など棚卸してみようと思います。

[関連記事] 【資産公開】総資産(2021/8/1現在)。

米国ETFは、SBI証券のみで保有しています。というのも、日本株や投資信託は複数の証券会社で保有していて、管理が複雑になってしまった反省からです。

というわけで、多少の手数料の違いは目を瞑って、SBI証券だけで保有することで、スッキリしています。

■米国ETF保有状況
betf.jpg

合計すると21,525,784円で、ざっくり総資産の約22%を占めています。

HDVとIYRは、100万円分を一括購入して放置。その後、PFFを都度購入。さらにその後は、SPYDとVYMを定期購入していました。

サラリーマン卒業を機に、定期購入もやめてます。今後は、VIXが30を超えてきたら、SPYDとVYMをスポット購入したいと思っています。

昨年のコロナショック時に、SPYDとVYMをスポット購入したのですが、それが今、花咲いてますからね。

今回は、米国ETFを棚卸してみましたが、如何でしたでしょうか。いずれ日本株とかも棚卸してみたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント