【セミリタイア1年目】年金・健保・税金額が判明したので、年間収支の見込みを算出してみた

PAK23_notedentaku20140312_TP_V.jpg
今年の3月にサラリーマンを卒業し、国民年金・健康保険・住民税という退職後3代支出の金額が確定しました。

ということで、セミリタイア1年目の年間収支見込みが大枠見えたかなと。

セミリタイア1年目は、黒字なのか赤字なのか、算出して確認してみたいと思います。

なお、2021年1月1日~2021年12月31日までの期間で算出しています。


■2021年収入(見込み)
syu.jpg
セミリタイア1年目の収入で約300万円あるとは予想外。

多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、私の感覚では多いなと。

サラリーマン時代の給与ってスゴイ額だなと、改めて感じますね。(私にとってはそこまでの価値はないという判断ですが)


■2021年支出(見込み)
de.jpg
国民年金と健康保険の額は想定どおりでしたが、住民税は想定より10万円くらい多いかなと。

配当金収入や副収入は多少前後はあるものの、だいたいこんなもんだと思います。

■2021年収支(見込み)
というわけで年間収支としては、プラス約85万円の見込みとなりました。

マイナスも覚悟していましたが、思っていたよりもプラスとなり、少し安心した次第であります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント