コロナショック!このタイミングで配当金をベースとしたセミリタイアの礎を築く!

sick_world_pandemic.png13日の金曜日、みなさまどのようにお過ごしでしょうか。

さて、コロナショックで、日本のみならず世界の株価の下落が止まりません。

新型コロナウイルスのリスクがどこまで及ぶのか・いつ終息するのかが予測不能なためと思います。

昨今のリーマンショックなどの大幅な株価下落は金融危機がベースにありました。

SAASなどの感染症が世界的に流行した事例もありますが、その時と今とでは、世界のパワーバランスが異なりますし、人の往来の多さも異なります。

人類は今まで経験のない事態に陥っており、株価もまだその事態を折りこめ切れていないのではないでしょうか。

ということは、株価はさらに下落するリスクがある、そのリスクが高いということだと思います。

リーマンショックではPBR0.87倍まで下がったから、下限の目安と見るむきもありますが、もうそんな指標は充てにならないのではないでしょうか。


私は過去に例のない事態に陥っているという認識を持ちました。

そんな中でも、意外と冷静な自分がいます。

というのは、「人類はこの危機を乗り越え、再び経済成長する」と信じているからです。

私は素人なので、どこまで下がるのか・どのタイミングで上がるのかわかりません。

なので、下がれば少しづつでも粛々と買い増ししていくというスタンスでいきたいと思います。

そのための余力はまだ十分にあります。

繰り返しになりますが、後に振り返った時、この時期に買い増ししたことが、配当金をベースとしたセミリタイアの礎を築いたと言えるようにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント