日本に受信料を徴収する「公共メディア」は不要だと思う

NHKから国民を守る党_ロゴ.png
最近、以下のニュースを目にして、憤慨しています。

[日経新聞] NHK受信料見直し、総務省検討「全世帯対象」も

限りある公共の電波を利用している公共放送NHKは、一定、日本で役割を果たしてきたと思います。

一方で、肥大化しすぎて民業を圧迫している巨大メディアになってしまった感があります。

第4の権力であるメディアの中でも、巨大なNHKは巨大な既得権益者です。

このままの流れだと、知らず知らずのうちに、NHK受信料が「全世帯対象」となっているかもしれません。

インターネットの世界で、公共メディアを名乗り、受信料を全世帯から徴収するのは絶対に反対です。


インターネットは電波のように限られたリソースではなく自由です。

自由なインターネットにおいて、情報の入手元を選択する権利が我々にはあると思います。

法律で強制されるものであってはなりません。

NHKは必要最低限に絞り込み規模を大きく縮小すべきです。

その上で、一部の資金を税金で補填するというのであれば納得できないものではありません。

いずれにせよ、今のNHKは本当に公共放送なのでしょうか。

そのNHKが公共メディアになれるのでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント