親に500万円を貸しました(その4)

money_mitsugu_man.png

親に500万円を貸したことで、セミリタイア計画への影響も考えました。

昨今の株価の低迷もありますし、私の会社の状況も考慮しつつ考えてみたんですけど。

結論から言うと、セミリタイアする時期の目標はいまのところ変更しないこととします。

[関連記事] セミリタイアまでのカウンターを設置した



ただ、状況が変われば、セミリタイアの時期も変わってくるというのは今まで以上に頭に入れておくつもりです。

当たり前ですが、親が死ぬまで面倒みるのは子供の責任です。

さらにお金が必要とあらば、セミリタイア時期は後ろにせざるを得ません。

でも、逆もあると思っています。

私の会社がリストラで早期退職を促し、良い条件であれば飛びつくこととなるでしょう。

いずれにせよ、セミリタイアの時期は慎重に見極めたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント

  • セミリタおじさん

    親子間でも、きっちり合意の上借用証書を作成し(私はそれに確定日付までとった)年一回でいいので利息の支払事跡も通帳に残しておかないと相続が発生した際、税務署に疑いの目で見られますよ。
    税務署は、不動産等の状況から相続税の申告対象となりそうな相手はだいたい家族含めて預金の動き等5年位は調べますからあっという間にこれ何?になってしまう危険があります。慎重対応を是非。
    2019年01月17日 06:02