親に500万円を貸しました(その1)

money_mitsugu_man.png

最近、親から500万円貸してほしいと言われ、即決で貸しました。

もちろん、そのようになった背景の説明も受け、返済についても最悪のケースも想定した上で、ざっくりとした説明も聞きました。

相談された時、私には断るという選択肢は思い浮かばず、何も言わず即決で貸すこととしました。

以前、書いた以下の記事が関連しており、私も忘れかかっていたものが具体化した感じです。

[関連記事] セミリタイアへの想定外リスク発生か



で、親の銀行口座に500万円を振込したわけです。

即決したものの、その後、いろいろ葛藤がありました。

今はこころの整理が着いています。

セミリタイアに向けてリスクが具体化したというよりは、私にとって大事なものは何なのかを考えるいい機会となりました。

考えたポイントを整理して、次回以降、記事に残したいと思います。

①貸したはいいが返してもらえるのか

②セミリタイア計画はどうすかのか

③私にとって大事なものは何なのか

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント