セミリタイアへの想定外リスク発生か

OHT98_rakutannochinpan_TP_V1.jpg

セミリタイアにはもちろんお金がそれなりに必要です。

お金に対する想定外のリスクが顕著化してしまいました。

幸いなことに今のところ顕著化しただけで現実のものとはなっていません。

が、いつ、現実のものになるか不安ですが、迷っていてもしかたありません。

そのリスクも織り込んだ上でセミリタイア計画を策定するべきかどうなんでしょう。

詳しくは書けませんが、親戚にお金で困っている人がおり私にお金を借りようとしているという情報をキャッチしました。

断りたいところですが、そうも行きません。

でも、限度ってあると思うんですよ、底なしにお金は貸し出せません。

そもそも私からお金を借りるということは銀行は貸してくれない前提です。



貸したお金がいつ帰ってくるのか、本当に帰ってくるのか・・・

貸したお金がゼロになってもいい額しかかさないつもりです。

そもそもゼロになったら困るのでそんな事はいいませんが。

ゼロになってもセミリタイア計画に大きな変更がないくらいの額ということです。

だいたい200万くらいを想定しています。

それ以上は貸さないつもりですし、いつ返してくれるのか事前に聞いておきたいですし、最初で最後であることを念押ししておきたいです。

また、お金を貸すときは銀行振り込みではなく現金で貸したいと思っています。

その方が貸した・借りたという実感がわくでしょうから。

断ってしまいたいですが、そうもできず、折衷案になりますが、私のセミリタイアへの決意みたいなものは変わりません。

なんだかまとまらない記事になってしまいましたが、私の想いのたけを書きなぐってみました、ごめんなさい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓クリック頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

この記事へのコメント

  • 招き猫の右手

    えー、それは大変な事態ですね。
    僕はといえば自分の父親からカネを貸してくれと言われて仕方なく貸したことがあります。
    10万円程度でしたが。
    全部は帰って来ませんでしたが、まあいいかという感じでした。
    200万だったらかなりの額ですね。
    僕だったらまずはもっと少額でおさめたいところです。
    2018年08月21日 21:45